FC2ブログ
嵐とともにあった日々
15周年のHawaiiのLIVE映像を見返してる。
たった五年前のことのはずなのに、、、すごくなつかしい曲−!!
なんか泣けてくるなー
永遠ってないんだなぁっておもう、、、



いつまでたっても嵐は私の青春でしたし、
嵐を聞くとずっと心が洗われるのかもしれない。


キラキラと浄化してくれる嵐の歌。


いまは永遠じゃない


毎日大切に


親戚や、おじいちゃんが死んだときだって、
おもったはずなのに
つい忘れてしまう
永遠がないってことを、、、
スポンサーサイト
はたらくこと
嵐の休止をきっかけにブログを書く回数が増えるのも皮肉なかんじがするけど、それだけ
影響力の大きな彼らなわけです


毎日を大切にいきようとおもうとき、
働くことってなんだろなと考えました。
働き方改革という動きがあり、
なんというか、モチベーションを高くとか、
楽しく仕事とか、どういう働き方をもとめられてるかとか、女性の活躍?とか。

でも、正直な話、個人的なことをいうと、
働くことにそんなにきれいなことを求めてないです
もちろん働きやすい環境は大切だけど、そっちのほうがすごくいいにきまってるのだけど、
なんだろう、最近なんか違和感を感じる


わたしは別に会社のために働いてるわけじゃないのです
生きるために働いてるんです
そこんとこの根本的なところがかけちがってしまうから、
会社がいう働く女性像(女性に限らずですが)とかとなんかずれがあるというか
違和感をかんじる


でも、表面上はそんなことはいいません
だってそれが会社員なのかなっておもうしなぁ。
というわけで、違和感をかんじても仕方ないのかなっておもう。
好き勝手いいだしたら会社成り立たないのかな?
人間関係とか。


仕事って、、
割に合わないなっておもうときはたくさんあるけど、
それを言い出したらきりがないね。
Mステ
この前のMステに嵐が出ていたので見た。
披露したのは、昨年の相葉ちゃんが主演したドラマの主題歌、君のうたと感謝カンゲキ雨嵐。

君のうたは、生オーケストラ、生歌で感動的だった。
特に君のうたの
「歩き出す
明日は僕らで描こう
涙に暮れたとしても
塗り変えてゆく」
の歌詞が休止を発表された今、ものすごくしみる。
休止であってもたくさん泣いたとしても、
なにがあっても、僕たちは明日にむかって歩きだし新しい未来をつくっていく

そんな風に、嵐のことを重ねてしまうのです。
最後笑って感謝カンゲキ雨嵐をみて、笑ってるのになける(*_*)
ほんとに休止なんだね、、、と
悲しくなるわけでした。



そんで、わたしが感動した
「僕とシッポと神楽坂」の最終回を見返した。
印象に残ったこう先生のこの言葉、シーン。


たとえ記憶が消えたとしても…
ご家族と過ごした時間は決して消えない。
一緒に過ごした日々は永遠です。
毎日の暮らしの中でもし思い出が
消えてしまってもまた新しい思い出を作ればいい。
今日という日を積み重ねて…。
そしていつかタロウくんが天国に行ってしまっても
その思い出は井坂さんの宝物になると思います。






泣ける泣ける!
ほんとに毎日を大切に生きようと思うのに
生きてることをあたりまえにおもい、
そこにあるものが永遠にあるのだと勘違いをしがちです。
親や、兄弟、友達、彼氏、
会社だってどうなるかわからないです
そこでどう生きるか?
いまにはじまったことじゃないけど
最近毎日そんなことを考えています
プロフィール

なな海

Author:なな海
旅行やごはんめぐりが好きです

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ARASHI

Cotegory by ARASHI PEOPLE

ブログ内検索
リンク
かうんたあ
携帯サイト
QR
RSSフィード
RSSフィード